調達

PRINT

基本的な考え方

大塚グループは、法令遵守や環境、人権尊重などに配慮したサステナブル調達を推進することでビジネスパートナーとともに持続可能な社会の構築に向けて貢献していきます。

アプローチ

大塚グループでは、バリューチェーン全体で法令遵守や安全・安心、社会に配慮した事業活動に取り組んでいます。ビジネスパートナーとの取引開始に際しては、原材料の品質の確保と安定調達を確立するための調査・確認を行い、事前に取引基本契約を締結しています。新規サプライヤーの場合は、事前にデューデリジェンスを行ったうえで、取引を決定しています。
また、公平・公正で透明性を保持した調達と良好な関係構築による相互の持続的発展を目指し、人権・労働・環境・腐敗防止などを考慮したグループ横断の「大塚グループ 調達方針」および、その内容をより具体化した「大塚グループサステナブル調達ガイドライン」を2020年に改定し、その内容をより具体化した「大塚グループサステナブル調達ガイドライン」を策定し、ビジネスパートナーとも共有しています。
また、製品の安定供給のため、主要原材料については事前にリスクアセスメントを行い、想定されるリスクを明確化し対策を講じているほか、複数社購買を原則としています。

大塚グループ 調達方針

大塚グループは、“Otsuka-people creating new products for better health worldwide”の企業理念と国際規範に基づき、革新的で安全・安心かつ適正品質な製品をお届けすることで、持続可能な社会の構築と世界の人々の健康への貢献を目指し、責任ある調達活動を行います。

  1. サプライヤーとの関係
    パートナーとして公正・適切な情報または意見交換を通じ、相互を理解することにより、良好な信頼関係を築き、相互の持続的発展を目指します。
  2. サプライヤーの選定
    品質・コスト・納期・環境への取り組みなどを総合的に評価し、公平・公正で透明性を持ったサプライヤーの選定を行います。
  3. 社会への配慮
    持続可能な社会の実現に向け、人権・労働・環境・腐敗防止に配慮した調達活動に努めます。
  4. コンプライアンスの遵守
    関連するすべての法令・ルールを遵守し、高い倫理観をもって社会通念に基づき行動します。

大塚ホールディングス株式会社
2020年9月 制定

サステナブル調達推進に向けた取り組み

大塚グループのサステナブル調達推進の一環として、大塚ホールディングスおよびグループ5社から成る「大塚サステナブル調達タスクフォース(TF)」を2019年結成。TFメンバーが中心となり、調達方針の改定やガイドラインの策定、ビジネスパートナーに向けたSAQ(セルフ・アセスメント質問票)や説明会を実施するなど、グループ全体でサステナブル調達に向けた活動を進めています。
調達方針の内容を共有するビジネスパートナー向け説明会は、2020年から開始し、初年度は73社に参加いただきました。
また、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンが作成した共通SAQを用いたアンケートを実施し、フィードバックも行っています。2020年までに80社からアンケートの回答を得ました。

大塚製薬、大塚製薬工場、大鵬薬品、大塚化学、大塚食品(2021年3月に、新たに大塚包装、大塚テクノ、イーエヌ大塚製薬が加入。)

サプライチェーン部門の強固なネットワーク

大塚製薬では、グローバル市場における抗がん剤や希少疾患薬、抗結核薬などの需給の調整管理や医薬品の安定供給など、生産・供給に関する重要な課題の解決のために、「グローバルサプライチェーンコミッティ(GSCC)」を2017年に設立し、大塚製薬および海外子会社が協働して取り組んでいます。

医薬関連会社による合同ビジネスパートナー監査

大塚グループでは医薬品を製造する4社が協力し、原材料などの同一供給元に対するビジネスパートナー監査を合同で行っています。この活動は2016年から開始された独自の取り組みであり、監査員を育成するための教育プログラムも含めて運用を行っています。

大塚製薬、大鵬薬品、大塚製薬工場、大塚化学の4社

TOP