コミットメント

PRINT

国連グローバル・コンパクトへの署名

大塚ホールディングスは、2016年に国連グローバル・コンパクトに署名しました。

女性のエンパワーメント原則(WEPs)への署名

大塚ホールディングスは、2017年に女性の活躍推進に自主的に取り組む企業の行動原則である女性のエンパワーメント原則(WEPs:Women's Empowerment Principles)に署名しました。

健康宣言

大塚グループは、社員一人ひとりが心身ともに健康で働きやすい職場環境づくりを目的とし、社員の健康に関する様々な取り組みを推進するため「健康宣言」を各社で制定しています。

各社の健康宣言

消費者志向自主宣言

大塚グループは、お客さまを重視した事業活動のさらなる推進を目指し「消費者志向自主宣言」を制定しました。

消費者志向自主宣言

大塚グループ 調達方針

公平・公正で透明性を持った調達と良好な関係構築による相互の持続的発展を目指し、人権・労働・環境・腐敗防止などを考慮したグループ横断の「調達方針」を策定し、ビジネスパートナーとも共有しています。
さらに、「大塚グループ調達方針」の内容をより具体化し、ビジネスパートナーにも遵守していただけるよう「大塚グループCSR調達ガイドライン」を策定しています。

大塚グループ 調達方針

大塚グループ知的財産ステートメント

大塚グループの知的財産に関する基本的な考え方をご紹介します。

大塚グループ 環境方針

大塚グループはバリューチェーンを通して地球環境に配慮した事業活動を推し進めるべく環境方針を策定しています。

大塚グループ 環境方針

大塚グループ プラスチックステートメント

プラスチックの廃棄問題解決の取り組み、持続可能な資源の循環に貢献するため「大塚グループ プラスチックステートメント」を制定しています。

大塚グループ プラスチックステートメント

大塚グループ・グローバル腐敗防止規程

適用される腐敗防止法を遵守し、誠実さに基づく業務活動を実施することに全力を尽くす意思を表明したものです。さらには、どのように腐敗行為の潜在的リスクを察知し、未然に予防・回避するかについての基本方針を示しています。

大塚グループ・グローバル利益相反ポリシー

大塚グループでは、会社と社員個人の間の利益相反は組織のインテグリティに関わる事項であり、今後のグループ発展のために極めて重要な意味を持つとの考え方のもと、本ポリシーを制定し、広くグローバルに浸透させるように努めています。

大塚グループ・グローバルプライバシーポリシー

2018年5月に施行されたEU一般データ保護規則(GDPR)をはじめとして、近年、各国におけるプライバシー保護法制の整備が進められています。大塚グループでは、プライバシー保護の姿勢および指針を明確にするために「大塚グループ・グローバルプライバシーポリシー」を制定するとともに、各国のプライバシー保護に関する法律や規則等に応じて、関係規定の整備や管理体制の見直しを行い、プライバシー保護の強化に努めています。

透明性ガイドライン

大塚グループの医療機関等の関係の透明性に関する指針を掲載しています。

透明性ガイドライン

TOP