ページ内を移動するためのリンクです。

トップメッセージ

代表取締役社長 兼 CEO 樋口達夫

わが国の社会・政治、そして経済を取り巻く環境は、著しくその変化を加速しています。令和の時代を迎えた現在においても、外交を含めその動きはとどまることなく、世界は予期せぬ変化の中で先行きの不透明感を増しています。そのような中、「健康」という世界の人々の普遍的な願いにこたえるべく、当社グループはゆるぎない理念を礎に事業を進めてまいりました。

2019年度、第3次中期経営計画がスタートしました。「独自のトータルヘルスケア企業として世界に躍進〜成長の5年間〜」をテーマとした本計画では、医療関連事業とニュートラシューティカルズ*関連事業を中心に「既存事業価値の最大化」と「新たな価値創造」に取り組むとともに「資本コストを意識した経営」を実践し、持続的な成長を目指します。

現在、医療関連事業では、精神・神経領域、循環器・腎、がん領域でグローバル4製品と位置付けた製品群が順調に伸長しています。ニュートラシューティカルズ*関連事業では、天候や市場競争激化の影響を受けながらも育成ブランドが成長、また事業構造改革も推進しています。

昨今、ESG投資や持続可能な開発目標(SDGs)達成への貢献を求める声が高まり、企業の社会的責任(CSR)がより一層問われています。当社グループでは、企業理念のもと、事業活動を通じて社会課題の解決を追求することで、自らの持続的成長と健康でサステナブルな社会の実現を目指しています。結核治療薬の創製による公衆衛生への貢献、自らの知見を活かした健康セミナーの開催など、これからも大塚だからこそできる取り組みを進めてまいる所存です。

今後も、当社グループは“Otsuka -people creating new products for better health worldwide.”の企業理念のもと、グローバルなトータルヘルスケア企業として革新的な製品やサービスを創出し続けることにより、持続的な成長に向け邁進してまいります。皆様におかれましては、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 兼 CEO
樋口 達夫

  • * Nutraceuticals(ニュートラシューティカルズ) : nutrition(栄養) + pharmaceuticals(医薬品)の造語