トップメッセージ

PRINT

ご挨拶に先立ち、新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、罹患された方々、ご家族、関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、医療関係者をはじめ、感染拡大防止に日々ご尽力されている方々に深く感謝申し上げます。

未知の感染症の世界的流行は人々の生活を一変させ、今なお、変異を繰り返すウイルスへの対応がもとめられています。一方、地政学的リスクの拡大や近年の甚大な自然災害等の増加傾向も先行きの不透明感を増大させ、世界の行く末は予断を許さぬ状況です。

2021年度は、大塚グループ創業100年を迎えるとともに、「独自のトータルヘルスケア企業として世界に躍進~成長の5年間~」をテーマとした第3次中期経営計画の中間年となりました。この中で、パンデミックによる社会環境の変化に順応し、本計画との整合性をとりながら経営を進めてまいりました。医療関連事業では、グローバル4製品と位置付けた製品群が引き続き順調に伸長し、新規抗がん剤をはじめとする新製品も着実に成長しています。ニュートラシューティカルズ関連事業では、機能性飲料が復調したほか、人々の体調管理に対する意識の向上によりサプリメント等の需要が増加しました。

今後も、不確実性の高い世界がもたらす社会課題に対応しながら、一方では環境変化で生まれる新しい技術やニーズをトータルヘルスケアに取り入れ、多様な事業から健康価値を創造して人々の健康に貢献してまいる所存です。“Otsuka-people creating new products for better health worldwide”の企業理念のもと、中期計画の達成とともに長期的な視野に立ち、持続的な成長に向け邁進してまいります。

皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 兼 CEO

TOP