ページ内を移動するためのリンクです。

社会

人材 -労働・安全衛生-

基本的な考え方

大塚グループでは、グループの共通の企業理念の実現には、社員一人ひとりの心身の健康が不可欠であると認識しています。そのため、安全な職場環境の整備に加え、社員の健康維持・増進につながる取り組みを継続的に行っています。

アプローチ

大塚グループ各社においてそれぞれ健康宣言を行い、社員の健康の維持・増進のための職場環境の整備に努めることを宣言しています。その取り組みの一環として大塚ホールディングスでは、社員の健康を推進するために大塚製薬健康保険組合、医療職、各社健康管理担当が連携して社員の健康増進に向けた活動を行っています。その一つがグループ社員やそのご家族を対象にした「健康セミナー」です。グループの健康への取り組み、健康保険組合の紹介、社員や家族の健康につながる情報などを伝えるために、全国の主要都市でセミナーを開催しています。そのほか、「生活習慣病リスクの軽減による元気で明るい職場づくり」をテーマに「徳島健康プロジェクト:TOK-J」をグループで2017年にスタートさせました。当プロジェクトでは、最も社員の多い徳島エリアにおいてエリア全体の健康意識向上を目的としたエリアアプローチを開始し、ウォーキングや運動の推奨、食事指導などを行っています。

職場の安全衛生の改善

安全・安心な職場づくりの観点では、国内のグループ各社の工場および事業所拠点において労働安全衛生法に基づいた「安全衛生委員会」を設置。労働安全衛生の観点からの職場巡視も積極的に実施し、健康管理、作業管理、作業環境管理、労働衛生教育が適切に展開されるために必要な活動を行い、安全衛生委員会で報告し、労働環境の改善につなげています。また、主なグループ会社間で毎年会議を実施し、労働災害事例や防止のための取り組みを共有しています。
さらに、化学物質を取り扱う大塚化学では、工場における国内外での課題を横展開できる仕組みを整備し、迅速な情報共有を行っているほか、取締役会で毎回グループの安全に関する報告を行うなど、安全な職場づくりに積極的に取り組んでいます。その一例として、事故防止を目的に、2012年より危険体感型研修施設「安全道場」を開設。社内だけでなく海外関連会社や社外も対象に、安全意識を向上させる研修訓練を行っています。座学や過去の災害の疑似体感を通じて、失敗経験と安全知識を再確認し、危険に対する感受性を高め、一歩先を予見する「考動力」を養っています。「安全道場」による安全衛生教育の充実と安全文化構築の活動が認められ、2014年に日本化学工業協会より第8回「レスポンシブル・ケア賞優秀賞」を受賞しました。

残業削減・短縮、有給取得の推進

大塚製薬では、残業削減・短縮のため、上司が部下の業務時間を適切に管理できるよう、残業は事前申告制となっているほか、やむを得ず終業時刻が深夜になった際に終業時刻から次の始業時間の間に一定時間の休息を設けることで、社員が健康な状態で勤務できる環境をつくることを目的に勤務インターバルを制定しています。そのほか、大塚倉庫では、本社部門・支店営業所毎に最終退出者と退出時刻をイントラネット上に掲載し、勤務状況の見える化により、社員の「時間あたり生産性」への意識向上に努めるとともに各部署だけで解決するのでなく全社横断的に解決するための応召制度を導入しています。
また、大塚倉庫では、物流業界全体の課題となっていたドライバーの長時間労働、ドライバーや車両の不足の課題に貢献すべく、新たにトラック予約受付システムを構築。インターネットでの荷降ろし時間の予約受付を可能にしました。

社員向けウエルネスプログラムの提供

アメリカのサプリメント会社であるファーマバイト社は、栄養製品を提供する会社として、社員に対して「PharmaFit」と呼ばれるウェルネスプログラムを提供。栄養士が会社を訪れ、栄養関連情報を提供や相談を実施しているほか、社員の運動プログラム参加にインセンティブを提供する等の取り組みを実施しています。

大塚グループ各社の - 健康宣言 -

外部評価例

健康経営優良法人 ホワイト500
(大規模法人部門)
健康経営優良法人
(大規模法人部門)
健康経営優良法人
(中小規模法人部門)
大塚ホールディングス、大塚製薬、大塚製薬工場 大鵬薬品、大塚テクノ 大塚電子、JIMRO、大塚ウエルネスベンディング