公正な雇用や処遇

PRINT

基本的な考え方

大塚グループでは、「大塚グループ・グローバル行動規準」に則り、採用や人員配置、業務評価、昇進、転籍など、雇用に関係する活動は、人権と労働法規を遵守し、公平な雇用方針のもと行っています。人種や肌の色、出身国、性別、性的指向、宗教、国籍、配偶者の有無、妊娠、障がい等で従業員を不当に評価することはせず、公平でオープンかつ平等な職場を築くことで、個人が有するあらゆる可能性を実現できるようにしています。また、報酬においては、各国・地域において定められた最低賃金を遵守し、各地域における同等の役割に対する報酬と比較して、公平に支払われるよう適切な賃金の管理に努めています。
大塚製薬などの主要事業会社では、マネジメント層を含め、社員に対していじめやハラスメントに関する社内研修を実施しているほか、大鵬薬品では、ハラスメントに関する調査も全社員を対象に毎年実施しており、自分自身だけではなく周囲のハラスメントに関しても通報できる仕組みを構築し、積極的なハラスメント防止の取り組みを行っています。また、大塚製薬や大鵬薬品では、従業員満足度調査を毎年実施しており、結果を社内にフィードバックしているほか、大塚製薬工場では社員への人事インタビューを実施、人事部でES向上会議を定期的に開催し、従業員満足度の向上に努めています。

TOP