ニュートラシューティカルズ
関連事業

PRINT

消費者が気付いていないニーズへの取り組み

「健康」は世界中の人々の願いです。医療技術の進展、公衆衛生の向上は世界的な平均寿命の延伸を実現した一方、新たな健康課題をもたらしました。大塚グループのニュートラシューティカルズ関連事業では、日々の健康の維持・増進をサポートする機能性飲料・機能性食品などを中心に事業を展開し、世界の人々が健康で自立した日々を過ごすことができるよう活動しています。大塚グループの考える人々の健康への貢献とは、「病人の健康人への回復」を目的とする医薬品だけではなく、「健康人の健康の維持」への手助け、すなわち「栄養」との両面を兼ね備え、日々の健康維持に貢献してこそ成し遂げられるものであると考えています。健康寿命の延伸、少子高齢化への対策、医療費の抑制などが社会課題となっている現在、「生命の本質」を健康貢献のテーマとして掲げ、医療関連事業のノウハウを活かした科学的根拠に基づく製品開発と情報提供活動を行っています。

47都道府県と連携した健康維持・増進の取り組み

大塚グループでは、社会と連携しての健康維持・増進の取り組みや防災、災害支援活動を進めています。例えば大塚製薬では、全国47都道府県と健康に関する連携協定を締結し、「食育」「生活習慣病予防」「熱中症対策」「スポーツ振興」「女性の健康」「災害対策」などの知見やノウハウを活用し、地域の生活者の健康課題解決に向け、自治体と協働で活動しています。

水分補給の重要性を伝える活動

大塚製薬は「ポカリスエット」発売当初からさまざまなシーンにおける「水分補給の重要性」の訴求を行ってきました。日本体育協会(現 日本スポーツ協会)「スポーツ活動における熱中症事故予防に関する研究班」の設置がきっかけとなり、1992年から熱中症を知って防ぐ活動への協力が始まりました。以来、子どもたちのスポーツシーン、職場での労働安全衛生、高齢者の水分補給などとテーマを拡大し、情報提供を行っています。また、自社ウェブサイトの「熱中症からカラダを守ろう」という情報提供ページ、日本スポーツ協会発行の「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」に基づく内容を掲載した啓発ページを通じた情報提供や、気象予報士と共同で制作した「熱中症予防情報サイト」などを通じ、熱中症対策・予防啓発のさらなる充実を図っています。また、経口補水液「オーエスワン」を販売する大塚製薬工場では、深刻な脱水状態に陥る手前の予防対策を啓発する「教えて!『かくれ脱水』委員会」の運営への協力を行っています。

女性の健康に関する啓発活動

日本人の平均寿命は男女ともに80歳を超えます。しかし、寝たきりになったりせず、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間である「健康寿命」と「平均寿命」の差は、男性で9年、女性では12年ほどもあり、「健康寿命」の延伸は厚生労働省が定める「健康日本21(第二次)」の中心課題になっています。また、女性の社会進出が進む中、育児、介護、自身の健康問題などと向きあいながら仕事を続けるという課題も抱えています。特に40〜50代女性には、急激な女性ホルモンの変化によるさまざまな症状が現れ、日常生活や仕事に影響を及ぼすこともあります。さらに、この時期のケアが将来の健康寿命にも影響するといわれます。心身にさまざまな変化が起こりやすい年代の女性の健康の維持・増進を図るため、大塚製薬は、大豆由来の成分エクオールを含む製品を開発。この研究開発で得られたノウハウをもとに、エクオールのエビデンスとともに、女性の心身に生じる変化と不調、その解決策の正しい知識を広めるための情報提供活動を行っています。また、大塚製薬ウェブサイトでは「女性の健康に関する栄養」などについて幅広く情報提供を行っています。

栄養の大切さを伝える食育活動

食育アプリ
「おいしいおえかき SketchCook」

栄養補助食品の製品開発のノウハウをもとに、栄養の大切さを伝える食育活動を続けています。子どもたちが正しい食生活や栄養の知識を身につけづらい環境にあるという課題に着目した食育アプリ「おいしいおえかき SketchCook」や、忙しい現代人向けにスマートフォンで食事を撮影することで簡単に栄養分析ができる「ネイチャーメイド サプリメントチェック」を提供するなど、全世代に向けて栄養の大切さを伝えています。

TOP