医療関連事業

PRINT

事業概要

  • 治療薬

    Therapeutic drugs
  • 臨床栄養製品 等

    Clinical nutrition
  • 診断薬

    Diagnostics
  • 医療機器

    Medical devices

売上収益9,552億円
事業利益1,972億円

「セグメント間の内部売上収益又は振替高」を含む売上収益

「顕在化しているが満たされない医療上のニーズ」をテーマに、重点領域として精神・神経領域とがん領域に注力しています。さらに循環器・腎領域、消化器領域、眼科領域、診断薬、輸液事業、医療機器事業など多岐にわたる領域・事業に取り組むことにより、病気の診断から治療に至る包括的なヘルスケアサービスを提供しています。

医療関連事業における取り組み

精神・神経領域

高いポテンシャルを持つ開発品と製品群で精神・神経領域の世界トップクラスを狙う

統合失調症や双極性障害、大うつ病などの精神疾患は、小児期から壮年期に発症するため、社会生活や職業・学業に支障をきたします。また、世界的な高齢化に伴い、アルツハイマー型認知症の増加も懸念され、これらは患者さん本人の生活の質(Quality of Life)に影響するのみならず、家族や介護者の負担、医療経済的な負担にもつながっています。多くの精神・神経疾患において、病気の原因やメカニズムが十分に解明されておらず、新薬の創出が極めて難しいため、満足な治療法が確立されていない疾患も多く残されています。大塚グループは、1970年代から現在まで一貫して本領域の治療ニーズに貢献するべく、新しい創薬への挑戦を続けています。
多くの高いポテンシャルを持つ開発品と製品群を揃えており、当領域におけるグローバルプレイヤーとして、世界トップクラスを目指します。

がん・がんサポーティブケア領域

グループの強みを結集し事業価値を最大化

大鵬薬品では、歴史的に推進してきた独自のバイオケミカルモジュレーションを指向した創薬に加え、新たに構築したシステイノミクスやキナーゼ標的創薬などの研究基盤を基軸とした創薬、さらにアステックス社のフラグメント創薬技術との協業により新規分子標的薬を創製し続けています。
大塚製薬では、外部との協業を軸に、遺伝子改変T細胞療法や、腫瘍溶解性ウイルスなど、将来を見据えた、新しいモダリティとのシナジーによる治療法の確立に挑戦しています。
グループ各社が、強みである創薬技術やアセットを結集し、グローバル展開の強化と事業価値の拡大を進めています。

循環器・腎領域

新規創薬技術や新規デバイスにより、ファースト・イン・クラスの製品を創出

循環器・腎領域は、自社創薬の強化に加え、アケビア社とのバダデュスタットに関する事業提携や、腎領域にパイプラインを有するビステラ社の買収など、積極的な成長投資を進めています。また、医薬品だけでは満たされていないアンメット・ニーズの解決を目指し、超音波腎デナベーション治療デバイスや末梢動脈ステントなど、医薬品や臨床開発の強みと革新的な技術を融合させたユニークなメディカルデバイスの開発も進めています。これらの新規創薬技術や新規デバイスにより、ファースト・イン・クラスの製品創出を目指します。

研究開発品目一覧

大塚グループの研究開発品目一覧を紹介します。

開発品目一覧表(2020年12月末現在)

主な研究開発拠点

大塚グループでは、国内外のグループの研究所とネットワークをくみ、病気の治癒に寄与し、健康をサポートする革新的な製品を研究、開発するために、グローバルな体制で取り組んでいます。

  • 大塚製薬 徳島研究所(第十研究所)
  • 大塚製薬 徳島研究所(ハイゼットタワー)

各会社の研究開発ページ

TOP